マイホーム購入の第一歩!建売住宅か注文住宅か比較しよう。

コスト面や期限、ライフスタイルを考えて後悔のないマイホームを。

マイホームを建てたいと思った時にまず迷うのが注文住宅にしようか建売住宅にしようかということかもしれません。

建売住宅とはどのような物件のことでしょうか。
建売住宅とは新築分譲住宅のことをいい、多くの方がこうした新築分譲住宅を選んで購入している大変魅力ある住まいの形です。
分譲住宅とは合理的でスピード感のある購入が魅力という方も多いようです。

一般的に注文住宅の場合は購入を思いたってから実際に入居するまで実に2年近くかかってしまうケースもあります。
一方建売住宅とは入居までの時間が短くてすむのが特徴で住宅を探し始めてから半年から1年で引っ越しをする方が多いのが特徴です。

その効率的な購入の特徴は建売住宅の販売方法にあります。
建売住宅とは土地と建物をセットで購入できるという住宅なのです。
注文住宅の場合は土地を持っている方は問題がありませんが、まだ土地を持っていない方はまずは土地探しから始めなくてはいけません。
この土地探しが意外に難しく、理想的な地域に土地が見つかったとしても法的規制などがあって自分の思い通りの住宅が建てられないこともあります。

注文住宅のこうした手間に引き換え、建売住宅とは土地探しの手間がありません。
子供が入学するまでに、転勤に合わせて引っ越したいなど入居したい期限が決まっている方にはワンステップで住宅探しができる建売住宅は大きな魅力があります。
さらに建売住宅はコストが注文住宅に比べて安いというメリットもあります。

注文住宅の場合には土地購入と建物の建築が別な上に、設計料なども別途かかってきます。
さらに仕様やデザインなどのグレードを自分で決められるのでどうしてもアップグレードしてしまいがちになり、こだわりの住宅ができる分、コストも跳ね上がってしまうことが多いのです。
また建売住宅とはいくらで購入できるかが最初から売値が明確に決まっているので資金計画や予算が立てやすくローンも通しやすいという利点もあります。
注文住宅の場合には予算は設計とのにらめっこで決めていかなければいけないので総額でいくらかかるかの全体像が見えにくくなってしまうのです。

また建売住宅の中でも大規模開発の分譲住宅などはそのコンセプトが統一された街並みにも魅力があります。
建売住宅ならではの素材感や色の統一された街並みはメーカーのブランド力が生かされた人気物件となることも多いのです。

一方理想に近い家づくりができる自由度の高さが注文住宅の魅力です。
建売住宅とは違い自分で間取りや仕様、設備、内装など何でも細かく決めていくことができます。
リビングを二階にして日当たりのいい家族団らんを確保したり、カーポートから直接家の中に入れるドアをつけたり、玄関を吹き抜けにして開放感あるエントランスを演出したりと、自分のアイディアを生かした住宅づくりができるのが建売住宅とは違う魅力です。
また材質や仕様を自分で決めていけるのでグレードアップした仕様を散りばめた理想のマイホームにすることも可能ですし、素材を見極めて最低限のローコスト住宅にすることも可能です。

家族のステージの変化に合わせたリフォームを想定して注文住宅を建てることも可能です。
部屋数を増やす増築、床面積を減らす減築、車椅子の生活に対応できるバリアフリーなどといったリフォームに対応できるようあらかじめ間取りや工法を考えておくことができるのも大きな魅力です。
さらに工事の初期の段階から自分の目でチェックできるので安心という点もあります。
既に建ってしまっているので基礎の段階を確認できない建売住宅とは違い注文住宅は基礎の高さや厚さ、アンカーボルトの位置などまで自分の目でチェックすることができるのです。

このように注文住宅と建売住宅とは大きな特徴の差がありますが、それぞれのメリット、デメリットがあります。
自分のライフスタイルをよく考えて後悔のないマイホーム探しをしましょう。